2008年08月12日

山形県上山市で「気候療法」と「地形療法」の実証試験

山形県上山市は、ドイツで病気の治療法として普及している気候療法と地形療法の実証試験に取り組む。

☆気候・地形療法を実験 上山市 蔵王高地と温泉活用 (河北新報)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080811-00000015-khk-l06

http://www.asyura2.com/08/health14/msg/146.html

気候療法は、日常の生活環境と異なる気候の下で生活し、疾病治療や健康づくりを行う療法。不眠に効果がある平地気候療法、ぜんそくに有効な高地気候療法などがある。

地形療法は森や林、傾斜などを歩いて健康増進を図る療法で、心臓・循環器系の機能障害などの治療や予防に効果があるとされる。



マヌカヒーリングハニー ワイテマタハニー社 UMF15
posted by はなゆー at 00:20| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック