2008年08月29日

ダライ・ラマ14世が胃の痛みを訴えて緊急入院

チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世が28日、胃の痛みを訴え、インド・ムンバイ(Mumbai)の病院に入院した。関係者が明らかにした。

 入院に先立ち、チベット亡命政府は27日、ダライ・ラマが疲労により体調を崩しており、検査のためムンバイに向かうと発表していた。

 側近のTenzin Taklha氏は、亡命政府が拠点とするインド北部ダラムサラ(Dharamshala)でAFPに対し、「心配するほどのことではない。ダライ・ラマは明日(29日)、医師による検査を受ける」と語った。

posted by はなゆー at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック