2008年09月01日

しわ取り注射「ボトックス」に危険な副作用

 欧州の医薬品当局は、ボトックス(しわ取り注射)の危険な副作用について警告している。1日発行のドイツの週刊誌「フォーカス(Focus)」が報じた。

 2007年8月までに、ボトックスに関連した後遺症が600例以上、死亡事故が28例が、欧州医薬品庁(本部:ロンドン)に報告されている。また、ドイツ医薬品・医療機器庁には、ボトックスに関連した後遺症が210例、死亡事故が5例寄せられているという。

 米食品医薬品局(US Food and Drug Administration、FDA)も2月、ボトックスは深刻な後遺症を招く危険性があると警告していた。ただし、美容整形目的でのボトックスによる死者は報告されていないとし、ボトックスの禁止には至っていない。

 欧米では、ボトックスに含まれるボツリヌス毒素は、まぶたや首のけいれん、多汗症、しわ取りの治療薬として認可されている。ボツリヌス毒素は、腐敗する食べ物に見られる自然毒で、シアン化物よりも4000万倍も強力とされる。

 ボトックス注射により筋肉をまひさせて4―6か月間筋肉の収縮を妨げることから、しわを一時的に消すことができる。その一方で、誤って別の筋肉に注射された場合、死に至る可能性もあると、複数の保健当局が指摘している。

posted by はなゆー at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック