2008年09月12日

【重要】内閣府「食品安全委員会」のプレスリリースに矛盾点

「食品安全委員会」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E5%93%81%E5%AE%89%E5%85%A8%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

は「科学的知見に基づき客観的かつ中立公正に食品のリスク評価を行う内閣府の機関」ということになっている。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

「食品安全委員会」ホームページより

         ↓

平成19年度における食品安全確保総合調査実施状況

更新日:平成20年5月14日

http://www.fsc.go.jp/senmon/anzenchousa/anzenchousa19keikaku.html

12 

食品中に含まれるカビ毒(オクラトキシン、アフラトキシン、ゼアラレノン)の汚染実態調査

中止


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


しかしながら、このPDFファイル

http://www.fsc.go.jp/senmon/anzenchousa/chousa18keikaku_16.pdf

には、以下のように記されているぞ!

            ↓


bP6
調査課題名:食品中に含まれるカビ毒(オクラトキシン、アフラトキシン、ゼアラレノン)の汚染実態調査


調査目的
我が国におけるカビ毒(オクラトキシン、アフラトキシン、ゼアラレノン)の汚染実態を把握し、今後必要に応じてファクトシート作成や、リスク評価に資するため、カビ毒のリスクが存在する可能性があると考えられ、かつ、汚染実態データが乏しい食品群に関して、汚染実態調査を実施する。


進捗状況: 調査終了 ← ここに注目!!


公告日 H18.12.15

契約締結日 H19.1.25

履行期限  H19.3.30

調査実施機関: 財団法人日本食品分析センター

契約金額: 20,964,752円



posted by はなゆー at 10:11| Comment(2) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
食品安全委員会の記事ですが、はなゆーさんの勘違いではないかと思われます。
> 平成19年度における食品安全確保総合調査実施状況
のリンク切れの中身は
http://www.fsc.go.jp/senmon/anzenchousa/chousa19keikaku_12.pdf
です。
アドレスの末尾の数字が年度と調査の番号になっています。
記事にあった
http://www.fsc.go.jp/senmon/anzenchousa/chousa18keikaku_16.pdf
はその前年度だと思います。

以下が食品安全確保総合調査についての入り口になってます。
http://www.fsc.go.jp/senmon/anzenchousa/

おせっかいながら、ご連絡まで。
Posted by ある人 at 2008年09月12日 20:40
はなゆーさん、お判りとは思いますが老婆心ながら。
「>知能は子供でもベッドでは大人、迷探偵キッコナン」も後追いしてますから。
ドウゾ、騒音に気を惑わされませんように。
Posted by 田仁 at 2008年09月13日 16:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック