2008年09月18日

〔汚染米〕東海地方のコンビニやスーパーで「事故米おにぎり」販売


☆汚染米ブレンドでおにぎり=三笠と浅井の計6.9トン−シノブフーズ販売・愛知県 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080918-00000114-jij-soci

http://www.asyura2.com/08/health14/msg/176.html

事故米の不正転売問題で米粉加工会社「三笠フーズ」(大阪市)と同「浅井」(名古屋市)が販売した汚染されたもち米計約6.9トンが、通常の米とブレンドされた形で「シノブフーズ」(大阪市)に流通し、同社の名古屋工場(愛知県弥富市)でおにぎりなどに加工されていたことが18日、分かった。

★東海地方のコンビニやスーパーで売られていたとのことである。


〔ヤフーニュースのコメント欄より〕

● どの店舗でどのくらいの期間販売されていたのかまで明確に説明せよ!

● 自民党は衆議院選挙のために必死みたいですね。衆院閉会中審査・参院農水委員会等をやっていても、野田消費者行政担当相はアピールの為に、事故米被害の「上賀茂保育園」へ行ったそうです。アピールはいい加減にしましょうね。国民に安全と訴えたいなら、自民党全員で「毒米」を食べて議員食堂は毒米を利用してください。そうそう、議員様が通われている高級料亭でも毒米を利用するように指導してください。

● 風評被害が心配と言うが、きちんと記者会見なり、発表なり、説明なりしてくれれば、今後製造する製品はかなり安全ということだろう?じゃあ人々は以前にも増して安心して購入できるじゃないか。この業者、店は大丈夫という確信が持てる。だからきちんと説明するべきだ。



posted by はなゆー at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック