2008年09月18日

汚染米騒動が今度は「漢方薬」に飛び火した

大阪の製薬会社、栃本天海堂は、同社が製造販売している漢方薬「健婦丸」と「トチモトの六味丸」の原料に、事故米(カビ付着)を使用して製造した米でんぷんが含まれていたと発表、製品の自主回収を始めた。


☆漢方薬2種を自主回収=原料に島田化学のでんぷん−大阪の製薬会社 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080918-00000150-jij-soci

http://www.asyura2.com/08/health14/msg/177.html

栃本天海堂は「ご迷惑を掛けたことを深くおわびする。製造過程で不純物は除去されるとみているが、社会通念上、回収が適切と判断した」としている。


★「農薬米」ではなく「カビ付着の米」である点に注意。農林水産省はこの漢方薬にカビ毒「アフラトキシン」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3

が含有されていたのかどうかを発表すべきであろう。



パソコン周りをバーバパパで可愛く飾ろう!【ポイント10倍】バーバパパマウス&パッドセット ...
posted by はなゆー at 20:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アフラトキシン汚染米で肝臓ガン?

肝臓ガンの発生率はなぜ西日本で高いのか? 汚染米の転売先との不気味な関係 - Technobahn
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200809172011
Posted by ゴンベイ at 2008年09月18日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック