2008年09月21日

「アフラトキシン」摂取量と原発性肝臓ガン発症数に高い相関

暮らしの健康 第八号  
発行:東京都健康安全研究センター

●カビ毒(アフラトキシン)

※ 注:PDFファイルである。3ページ目を読まれたい。

http://www.tokyo-eiken.go.jp/issue/health/08/08.pdf

さらに、アフラトキシンは、人の肝臓ガンの原因物質の一つと考えられており、多くの疫学調査が行われています。亜熱帯地域の国々で行われた疫学調査では、アフラトキシンの摂取量と原発性肝臓ガンの発症数に高い相関が見られました。また、世界保健機関(WHO)による発ガン性評価でも、アフラトキシンは、人及び動物に対して最高ランクに位置付けられています。


★「アフラトキシンの摂取量と原発性肝臓ガンの発症数に高い相関が見られました」との言質が…。



日本製でこの価格!和柄ミニスカジャン 携帯ホルダーケース 紫パープル 歌舞伎刺繍 日本製!
posted by はなゆー at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック