2008年10月02日

塩谷文科相が支部長の自民党支部が国の補助交付企業から寄付 

☆塩谷文科相が支部長の自民支部、国の補助交付企業から寄付 (読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081002-OYT1T00039.htm

塩谷文部科学相が支部長を務める自民党静岡県第8選挙区支部が、国から補助金を交付された東証1部上場の光学機器メーカー「浜松ホトニクス」(浜松市中区)から寄付を受けていたことがわかった。

政治資金規正法は、研究目的の場合などを除き、国の補助金を受けた企業や法人が交付決定から1年間、政治関連の寄付をすることを禁じている。


《なお「週刊文春」に以下の内容の記事が掲載された模様》

407 名前:無党派さん[sage]
投稿日:2008/10/02(木) 00:51:33 ID:mFn6ITW5


塩谷文科相
「補助金受給企業」が献金、後援会長に
文春

塩谷の後援会長=晝馬輝夫=浜松ホトニクス会長

浜松ホトニクス=多額の国から補助金を受けている企業

浜松ホトニクスの有価証券報告書に補助金収入という項目に毎年計上

平成十七年約8700万

(注:PDFファイルである)
http://www.hamamatsu.com/ja/ir/financial/securities/common/pdf/58yuuka_j.pdf


平成十八年約3億2700万

(注:PDFファイルである)
http://www.hamamatsu.com/ja/ir/financial/securities/common/pdf/59yuuka_j.pdf

塩谷への政治献金
平成18年、19年
ホ社名義で550万、会長個人名義で500万、副会長も100万
特に平成十七年は突出
ホ社名義で2565万

個人名義では最近では例がないほど大きい額
政治資金規正法では国・地方自治体から補助金を受けている
会社等からの献金は禁止されている

一部除外項目もあるが、
ホ社は中小企業庁から受けた補助金が問題になる可能性あり
実質税金の還流になるのではないかという識者も





posted by はなゆー at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック