2008年10月02日

アフガン大統領がオマル師との和解を模索 サウジ国王が仲介も

アフガニスタンのカルザイ大統領は記者団に対し
「私は数日前、オマル師に対して、平和と国民の利益のために働き、同胞を殺すのをやめるよう呼びかけた」
「アフガン駐留の多国籍軍との講和を望むならば、オマル師とその他のタリバンメンバーの保護を自分が保証するので、外国人を恐れることはない」
とコメントした。

・カルザイ大統領は、「自分はサウジアラビア国王に手紙を書いてアフガニスタンとこの地域に平和をもたらすために協力してくださるようにお願いした」と公表した。


☆Afghan president calls on Taliban leader for peace (ロイター通信)

http://www.iht.com/articles/reuters/2008/09/30/africa/OUKWD-UK-AFGHAN-TALIBAN.php

Afghan President Hamid Karzai has made a call for peace to Taliban leader Mullah Omar and has asked the king of Saudi Arabia to help in talks with the militant group responsible for a surge in violence.



明六社
posted by はなゆー at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック