2008年10月09日

麻生首相の甥は「2ちゃんねる系サービス」運営会社の社外取締役

「ニコニコ動画」などの2ちゃんねる系サービスを運営する会社の社外取締役に麻生太郎の甥・麻生巌が就任している

http://www.asyura2.com/08/senkyo54/msg/516.html

投稿者 児童小説 日時 2008 年 10 月 09 日


麻生幹事長の親族が役員の会社/汚職企業の事業継承
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-09-06/2008090614_01_0.html

※ニコニコ動画とは2ch絡みのYoutube系サービス。
オタクやワイドショー的な映像が大量にupされている。
自民・小池のプロパガンダや民主党の小沢の映像もある(理由不明)。
小沢の映像は、わざと?ドワンゴ社がくだらない質問ばかりをすることで、小沢の評判を下げていた。

何が何だか、わからんが、「麻生太郎と2ちゃんねる、インターネット」。
このあたりは検証が必要だろう。  



三つ首塔(リマスター版)(DVD) ◆20%OFF!
posted by はなゆー at 07:18| Comment(3) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも貴重で有意義な情報ありがとうございます。

やはり2ちゃんねると自民党の関係は深かったようですね。

自民工作員とネット右翼、維新政党新風の関係も2ちゃんねるでもろに出ているのも納得がいきます。

彼らは、24時間常駐し、自民党批判やブッシュ政権批判があるとかならずすぐに対応して書き込んでくるのも納得がいくはなしです。

他方で、民主党、社民党、共産党批判、韓国・北朝鮮・中国批判、朝日新聞罵倒、ジェンダー批判、靖国賛美ばかりが書きなぐられているのも、納得がいくはなしです。

自民党と維新政党新風とつくる会と産経新聞のプロパガンダ機関になっているのも納得がいきます。

2ちゃんねるが、いろいろな訴訟を抱えてもああまで強気なのも理解できるはなしではあります。

あと、2ちゃんねるは統一協会系というはなしもありますが、統一協会の文鮮明が提言してきた日韓トンネル研究会の顧問は麻生太郎ですし、麻生太郎の秘書には統一協会信徒がいるといわれていますので、やはり統一協会と2ちゃんねるは接点があるといえますね。

それからこれは事実としてですが、2ちゃんねるに書き込みすると、公安刑事が威嚇したり監視し尾行してくる経験が私にはあります。

某新左翼党派機関紙によれば、公安警察官も2ちゃんねるに書き込みしていると暴露されていました。(党で会議中の会話が、同じ時間帯に2ちゃんねるに書き込まれていたともいいますし、逮捕された活動家に「2ちゃんねるに書き込みしているか?」などと尋問した公安デカもいるらしい。)

国家権力は、「過激な思想」(「過激」なという言葉は統一協会がよく使用する。)がインターネットに蔓延しているからインターネットを規制すると言い出してきていますが、もちろん統一協会や警察幹部(公安警察が指示)もインターネット規制を推進しているのも、彼らは一体であり、彼らにとって気に入らない言論を(他方で彼らの提灯持ちたるネット右翼は育成されている)たたきづぶすという策動を展開してきているのも実にわかりやすいはなしです。

はなゆーさんのような貴重な情報が一般に知られることに、国家権力側は恐れだしていると思いますので、われわれは「負けずに」言論の自由を大いに使って、国家権力の実態を暴露していくことにしましょう。


Posted by 日本国憲法擁護連合 at 2008年10月09日 14:39
麻生太郎の甥にあたる麻生巖(麻生グループ内企業取締役)がドワンゴの社外取締役に就任したのは、2005年12月21日開催の定時株主総会およびその後の取締役会の決定による。
Posted by ゴンベイ at 2008年10月09日 21:32
2ch利用者が全部ネトウヨだとでも思っているのかな?特にニコニコは2chとは関係ない一般人も見るんです。
左に偏った人みたいに常に政治目線、陰謀目線ではないのですよ。
2ch運営側は特アがらみでしょうが、利用者までそうだと思うのは愚かです。
生まれた時からインターネットが普及している世代が主流になってからは、過去の2chとは大きく変化しました。その辺りを正しく認識しないと味方であるはずの人達にも見放されます。
ニワンゴも麻生陣営に有利だとは決して言えない、むしろ不利な世論調査を実行しています。

権力と戦うのは結構ですが
「相手を間違えない」ように気をつけてください。
Posted by 見る目を持て at 2009年03月16日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック