2008年10月29日

「NHK首都圏ニュース」が人種差別的な呼称を使用したとの見方

☆NHKニュース:「韓国人の“オンナ”三人を……」 (Letter from Yochomachi)

http://yochomachi.blogspot.com/2008/10/blog-post_29.html

http://www.asyura2.com/08/hihyo8/msg/481.html

今やってたNHK首都圏ニュース。韓国人の“女”三人を不法入国させてホステスとして使っていたとしてバーの経営者が逮捕されたという。アホな「ポリティカリーコレクト」大好きのNHKとしては、普通は“女性”と言うのが正しいのではないのか。でも、韓国人に限っては“オンナ”でいいらしい。


★この一例だけではなんともいえないが、今後、NHKニュースを見る際には頭に入れていたほうが良いかもしれない情報である。



ジャーナリズム崩壊
ラベル:余丁町散人 NHK
posted by はなゆー at 19:13| Comment(1) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『容疑者の女』や『犯人の男』は従来も放送していたが。
不法入国が『加害者(誰を加害した?)』と言う考え方はNHK以外に政府与党にも色濃い。
国際法や国連の考え方(立場が絶対的に弱く、犯罪に遭っても警察を頼れない、しばしばやむを得ず国を追われた保護すべき弱者)とは全く逆だ。
流石は人権後進国。
Posted by 田仁 at 2008年10月29日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック