2008年10月30日

モルディブ大統領選は元政治犯の野党党首が当選

 インド洋の島しょ国モルディブで28日に実施された初の民主的大統領選挙の決選投票で、元政治犯で野党モルディブ人民主党(Maldivian Democratic Party、MDP)のモハメド・ナシード(Mohamed Nasheed)党首が54.21%を得票し、初当選を決めた。

 アジア最長政権を維持した現職のマウムーン・アブドル・ガユーム(Maumoon Abdul Gayoom)大統領は45.79%の得票だった。

 ナシード氏は首都マレ(Male)で行われたガユーム氏との共同会見で、「(服役中に虐待を受けたことについて)魔女狩りはしない」との決意を示した。




ラベル:Mohamed Nasheed
posted by はなゆー at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。