2008年11月07日

就任前から「オバマ氏に大統領弾劾を」、フェースブックに続々

 次期米大統領に選出はされたものの、第44代米国大統領への就任までにはまだ時間があるバラク・オバマ(Barack Obama)上院議員に対し、早くも「大統領弾劾」を求めるグループが、米ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)大手フェースブック(Facebook)上に続々と登場している。

「Impeach Barack Obama(バラク・オバマに弾劾を)」と名乗るグループには、700人を超えるユーザーが登録、共和党ジョン・マケイン(John McCain)候補に対する4日のオバマ氏の勝利に関し、熱い分析や議論が交わされている。

 もう一つの同名のグループには160人が参加する。この左派グループは「多くのアメリカ人が、社会主義や共産主義の理念を十分に理解していない。だから、オバマを大統領に選んでしまうのだ」とオバマ氏当選を批判し、「今からオバマ氏弾劾の準備をしておこう」と呼び掛ける。

 一方、別の「Impeach Barack Hussein Obama(バラク・フセイン・オバマに弾劾を)」というグループにも160人が登録。こちらは右派的立場から、オバマ氏は「銃規制や国民皆保険、富の分配など、さまざまな『違憲的政策』への支持を呼び掛けている」と非難する。

 現大統領の「Impeach George Bush(ジョージ・ブッシュに弾劾を)」というタイトルを持つフェースブックのグループは、さまざまな主張のものを合わせ、少なくとも95個を数える。オバマ氏の道のりはまだまだ、これからだ。

ラベル:SNS Facebook
posted by はなゆー at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック