2008年11月22日

ジンバブエで「コレラ」まん延の恐れ

 国連(UN)は21日、ジンバブエで約300人がコレラで死亡したと発表した。ジンバブエ保健当局は前例のない全国規模の感染と格闘している。

 スイス・ジュネーブ(Geneva)に拠点を置く国連人道問題調整部(UN Office for the Coordination of Humanitarian Affairs、OCHA)は声明で「コレラ感染は全国に拡大している。全地域から感染の報告を受けている」と述べた。18日までのコレラ感染の疑いがある事例は6072件、死者は294人に上っている。

 ジンバブエの保健当局は、21日までに国内10州のうち9州で感染が確認されたと述べた。

 OCHAによると、南マタベレランド(Matabeleland South)州Beitbridgeの保健施設では、1日当たり200人が入院しているという。

ラベル:ジンバブエ
posted by はなゆー at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック