2008年12月05日

ソマリアの「海賊」を発生させた原因は西側諸国にあった?

「海賊のおかげで、政権にとって、アメリカ軍の駐留を強化し、腰を据える口実ができたわけだ。」

☆ソマリア:CIAが支援したもう一つのクーデターの崩壊 (マスコミに載らない海外記事)

http://eigokiji.justblog.jp/blog/2008/12/cia-12e7.html

「多くのヨーロッパ、アメリカ、そしてアジアの海運会社、とりわけスイスのAchairパートナーズとイタリアのプログレッソが、1990年代初期にソマリアの政治家や軍指導者達と投棄協定に署名した。これはつまり、彼等は沿岸を毒物の廃棄場として使えるというものだ。ソマリアが内戦へと落ち込むにつれ、この慣行が広まった。国連環境プログラムのニック・ナトールは、「ヨーロッパの企業は、これが廃棄物を処理するのに、極めて安価であることに気がついたのです」と言う。

(略)

そこで、海域を汚染され、生計手段が脅かされて怒ったソマリア人は、自ら解決をすることにした。漁師たちは武装して、非公式な沿岸警備隊として活動しはじめた。


―――――――――――――――――――――――――――――


《備考〜海上自衛隊がソマリア攻撃に加担した疑い》

☆ソマリア攻撃加担か テロ特措法 給油の米艦隊出動 海自 (2007年9月6日の「赤旗」)


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-09-06/2007090601_03_0.html

http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/703.html

テロ特措法に基づいて米艦船などの支援のためにインド洋に派兵されている海上自衛隊部隊が、今年一月の米軍によるアフリカ・ソマリア

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2

攻撃に加担した疑いが浮上しています。給油など海自の支援対象となっている米艦船が、この攻撃に参加していたもの。


☆「しんぶん赤旗」が言及している米海軍ニュース(昨年一月五日付)はこれ→

http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/704.html

>中東を作戦区域とする米中央海軍は、「(国際テロ組織)アルカイダや他のテロ組織が海を潜在的な逃走ルートとして使用するのを防ぐため」(米海軍ニュース一月五日付)、米軍主導の多国籍任務部隊CTF150をソマリア沖に展開させました。


http://www.news.navy.mil/search/display.asp?story_id=27242 

から転載。

Combined Task Force 150 Maintains Presence Off East Coast of Africa

Story Number: NNS070105-09

Release Date: 1/5/2007 3:41:00 PM

From U.S. Naval Forces Central Command/U.S. 5th Fleet Public Affairs

MANAMA, Bahrain (NNS) -- Coalition ships from the British-led Combined Task Force (CTF) 150 continue to maintain a presence off the east coast of Africa in response to the recent events in Somalia.

CTF 150 includes USS Ramage (DDG 61) and USS Bunker Hill (CG 52) and other coalition ships. These warships are conducting maritime security operations (MSO) to ensure continued security and stability of international waters surrounding the Horn of Africa.

Coalition naval forces are performing boardings on a number of vessels to deter individuals with links to al-Qaida and other terrorist organizations the use of the sea as a potential escape route.

The coalition ships of CTF 150 maintain a maritime presence in the international waters of the Gulf of Oman, North Arabian Sea, parts of the Indian Ocean, Gulf of Aden, and the Red Sea.

Recent events in Somalia are a cause of concern because of the potential for an increased risk of piracy and illegal activities that historically has followed the instability in that country.

Royal Navy Commodore Bruce Williams, Commander, Task Force 150, based in Bahrain, said, “In response to international will, CTF 150 provides an enduring coalition maritime presence in the region to promote a safe and secure maritime environment, and most importantly, support our regional friends in their drive for peaceful use of the high seas and territorial waters. Coalition Forces will continue routine operations in this unstable area as long as the need exists for our presence.”

MSO help set the conditions for security and stability in the maritime environment, as well as complement the counter-terrorism and security efforts of regional nations. These operations deny international terrorists use of the maritime environment as a venue for attack or to transport personnel, weapons or other material.

CTF 150 is one of three coalition maritime task forces that conduct MSO under the direction of U.S. Navy Vice Admiral Patrick Walsh, Combined Forces Maritime Component Commander, based in Bahrain. Walsh also commands CTF 158 in the North Arabian Gulf and CTF 152, which is responsible for patrolling the Central and Southern Arabian Gulf.

For more news from U.S. Naval Forces Central Command, U.S. 5th Fleet visit

http://www.cusnc.navy.mil/


―――――――――――――――――――――――――――――


☆ウィキペディア「ブラックホーク・ダウン」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3


☆ウィキペディア「モガディシュの戦闘」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%AE%E6%88%A6%E9%97%98

posted by はなゆー at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック