2008年12月09日

桐生市の自動車部品メーカーが続々と「派遣切り」「雇い止め」

桐生市の自動車部品メーカー「ミツバ」は、約450人の派遣社員について契約を更新しない方針を明らかにした。


☆ミツバ:派遣社員、契約更新せず 景気後退、広がる人員削減−−桐生/群馬 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081209-00000161-mailo-l10

http://www.asyura2.com/08/hasan60/msg/459.html

同市内では山田製作所や小倉クラッチも非正規社員の削減方針を固めた。



派遣のリアル


posted by はなゆー at 16:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
派遣の薄給で若者の車離れが進んだが、更に一層の拍車をかけてデフレスパイラル。
食い詰めた最後の生活保障がム所と新興宗教だから。
生活保護も住所があってこそ。
自称「切らなきゃやってけない」側には社会責任を求めないのが「規制緩和」→「構造改革」→「自己責任」。
斯くて…。
Posted by 田仁 at 2008年12月09日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。