2008年12月11日

〔アフリカ〕ガーナ大統領選、28日決戦投票へ

 西アフリカのガーナで7日行われた任期満了に伴う大統領選で、選挙管理委員会は10日、開票結果を公表し、半数以上を獲得した候補者がいなかったため28日に決選投票を実施すると発表した。

 与党、新愛国党(New Patriotic Party、NPP)のナナ・アクフォアド(Nana Akufo-Addo)候補の得票率は49.13%で、野党の国民民主会議(National Democratic Congress、NDC)のジョン・ミルズ(John Atta-Mills)候補は同47.92%だった。投票率は69.52%。

 選挙管理委員会によると、いずれの候補も当選に必要な50%以上の票を獲得できなかったため、上位2候補による決選投票が実施される。

 野党は投票で不正があったと主張しているが、国際監視団などは7日の投票が公正で信頼性があるとしている。

posted by はなゆー at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック