2008年12月18日

【注意】「電気座布団」が焦げる事故が多発

国民生活センターは、現在販売されている電気座布団(座布団の内部にヒーター線を通した暖房器具。「ホットクッション」「電気ミニマット」等の愛称で販売されている)について、複数のヒーター線が重なった場合、座布団内部のスポンジが焼け焦げるケースがあると発表した。


http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20081217_2.html

▼消費者へのアドバイス

定期的に電気座布団を点検し、使用時や保管時には電気座布団が屈曲や湾曲するようなストレスをかけない。

発火・発煙事故や低温やけど防止のため、就寝具(電気あんか代わりなど)やペットの暖房用などとしての使用は避ける。



ハスカップジャム(210g)北海道産の不老長寿の果実をギュッと濃縮した♪


posted by はなゆー at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。