2008年12月24日

〔史料〕トヨタ自動車会長「負け組といえども凍死や餓死はしていない」

☆経団連会長「賃上げ、各経営者は個別に判断を」 (2006年1月の日本経済新聞)

http://www.asyura2.com/0601/hasan44/msg/299.html

日本経団連の奥田碩会長は10日午後の定例記者会見で、今年の春季労使交渉で焦点になると見られている賃上げについて、「各経営者が個別に判断すること。他の企業と同じにしなければとか、格差が開きすぎるとか、そういうことを考える必要はない」との見方を示した。

その上で、「(格差を付けられた企業でも)労使が一体になって努力すれば賃金が上がる可能性はあるのだから、そうすればいい」と述べた。

また、「格差があるにしても、差を付けられた方が凍死したり餓死したりはしていない。多少の不平等は社会の中で当然出てくるもので、あまりに勝ち組・負け組と言いたがるのがそもそもの間違いだ」との認識も示した。


☆はてなブックマーク「経団連会長『賃上げ、各経営者は個別に判断を』」→

http://b.hatena.ne.jp/entry/1211523

「負け組が凍死したり餓死したりするようになったら何て言うつもりなんだろね。」 2006/01/12

「多少の不平等は社会の中で当然出てくるもので、あまりに勝ち組・負け組と言いたがるのがそもそもの間違いだ"なるほど、こういう認識か」 2006/01/12



トヨタの闇
ラベル:奥田碩
posted by はなゆー at 14:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 史料倉庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トヨタ車を、
もう一生、金輪際、買わないのがいいと思います。

いまトヨタ車に乗っているならそれを売って、別の会社の車に乗り換えるし、中古でもトヨタ車を買わない。

キャノンの製品も買わない。偽装請負、派遣切りとんでもない。

反社会的な会社の製品は使わない。
Posted by トヨタ、キャノンに社会的制裁を at 2008年12月25日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック