2009年01月02日

イスラエル軍は「酸素ボンベ」をロケット弾と誤認して空爆開始?

イスラエル軍がロケット弾を爆撃と主張した映像は、ただの酸素ボンベだった?:B'Tselem

http://www.asyura2.com/08/wara5/msg/456.html

投稿者 妹之山商店街 日時 2009 年 1 月 02 日 07:22:10


12月29日(月)に、イスラエル軍がガザでグラッド・ミサイルだとして、
爆撃した映像について、その車両の所有者が、あれはミサイルではなく、ただの酸素ボンベだと主張していると、イスラエルの人権団体 B'Tselem が報じた。

(略)

改めて、戦争プロパガンダというものに恐怖を覚える。
少なくとも私は、すっかり信じ切っていたのだから。

ハマスがガザから連日、数十発のロケットを発射していることは事実である。

このただ一件が、誤爆であったのだとしても、
それが、大きな意味を持たないのかもしれない。

しかし、戦時プロパガンダのその虚偽の一端を露呈したものだと思う。


確かに、ロケット弾と酸素ボンベは、その大きさ、形状が酷似している。

無人偵察機からの映像の解像度では、その判別はつかないのだろう。



posted by はなゆー at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。