2009年01月05日

英紙「イスラエル軍はガザで“白燐弾”を使用したのではないか」

「白燐弾(White phosphorus)」(砲弾内の白燐は自然発火して、敵兵の頭上に燃焼しながら降り注ぐ。白燐弾に通常の砲弾の様な爆風や破片による破壊・殺傷効果はないが、燃焼で人間だけを殺傷する。白燐の場合は戦闘服や皮膚を通過しても、筋肉内でも燃焼を続けることが可能。)

http://en.wikipedia.org/wiki/White_phosphorus_(weapon)

は、煙幕材としては国際禁止条約の対象にはされていないが、1980年のジュネーブ協定で攻撃用武器としては禁止されている。

いかなる目的があっても、民間人がいる場所で使うことは許されない。

もし、この爆弾が、群集めがけて使用されたのなら、国際刑事裁判所に訴えられるだろう、と軍事筋。


☆Israel rains fire on Gaza with phosphorus shells (英紙「タイムズ」。December 5, 2008)

http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article5447590.ece

http://www.webcitation.org/5dbNt4BYA

Israel is believed to be using controversial white phosphorus shells to screen its assault on the heavily populated Gaza Strip yesterday. The weapon, used by British and US forces in Iraq, can cause horrific burns but is not illegal if used as a smokescreen.


《関連戦闘動画》

☆Israel launches ground offensive in Gaza - 04 Jan 09 (アルジャジーラ)

http://jp.youtube.com/watch?v=fPiRy3fKofw


☆Aerial attacks hit Gaza and Israel (英国BBC)

http://jp.youtube.com/watch?v=BMMlzfkN7Io

posted by はなゆー at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白燐弾ならつい最近ヤウスベツで使われただろ?
住民説明はほとんどしないでやっただろ。
Posted by まーく at 2009年01月06日 13:35
神浦元彰氏も同様の指摘をしています。

日本軍事情報センター
http://www.kamiura.com/new.html
Posted by ゴンベイ at 2009年01月06日 15:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック