2009年01月06日

「B層有権者」が自民党支持へ回帰する動きが始まりそうだ

☆小泉氏「議員定数半減を」 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090106-00000069-san-pol

http://www.asyura2.com/09/senkyo57/msg/434.html

小泉純一郎元首相は5日、国会内の自民党控室を訪れ、麻生太郎首相ら自民党幹部に対し、次期衆院選について「守りに入ったら駄目だ。攻めの姿勢が必要だ」とアドバイスした。小泉氏は郵政選挙で圧勝した経験を振り返り、「18日の党大会で一院制(への改革)や国会議員の定数半減くらいいってもいい」と語り、「思い切っていけ!」と、首相の背中をたたいた。


★与党サイドとしては衆院選の争点を「国会議員の定数半減」と「公務員の大幅削減」のただ2点に絞込み、それだけを連呼し、さらに総理総裁を分離して「小池百合子首相、東国原英夫自民党総裁」の人気者ツートップ体制で衆院選に臨み、さらに美人すぎる藤川ゆり八戸市議を緊急出馬させれば、B層有権者が雪崩を打って自民党支持に回帰するので、与党が逆転勝利できる。

★与党サイドが政権を維持するためには、B層有権者受けする発言を繰り返せばそれで充分。日本の民度ならそれで選挙に勝てる。



〔「2ちゃんねる」の反応〕

298 名前:名無しさん@九周年[]
投稿日:2009/01/06(火) 01:38:07 ID:LttGibm20

たしかに公務員に使う税金半減してくれるなら自民に入れるわな
公約してしまえば反対勢力は遠慮無く切れるわけだし



308 名前:名無しさん@九周年[sage]
投稿日:2009/01/06(火) 03:05:23 ID:84c76PVdO

国会議員の数を現在の60%に
公務員の数を現在の75%に

この2つをかかげて選挙すりゃ勝てるだろうね

半減じゃ本当に有能な人物だけで構成しても足りないらしいからこんな削減でいい



小泉の勝利メディアの敗北
posted by はなゆー at 11:24| Comment(5) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
麻生にかわって東国原がそうりになり、9月の総選挙を迎えれば自民党は大勝する。間違いない。
自民党が宮崎知事を自民党総裁に迎える胆力があるかがもんだいでしょう。9ヶ月あれば流れは変わる。自民!いける!!!
Posted by FF at 2009年01月06日 14:54
自治労キャンペーンで、参院選は敗北しているので、「労働者分断」攻撃、不満を公務員にそらす作戦は成功しないでしょう。

つうか、「そうはさせない」。

労働者の権利は、公務員も正規も非正規も解雇規制を強化して守られるべきであって、公務員だけ安定しているというようなキャンペーンになれば、そのほかの労働者の権利はもっときり縮められ劣悪されていくことになります。

事実、それが、小泉「改革」の実態だったからに他ならないのです。

したがって騙されません。

仮に、公務員を減らすというならタモガミのような自衛隊員や不祥事続出の警察官を対象にすべきでしょう。

公務員の「凶悪犯罪」率も警察官のほうが高いです。友野のような現職警官で人殺しがいるぐらいですので。

というわけで、経団連・自民党・ネット右翼などの戦術を「成功させないため」に奮闘しましょう。

それから2ちゃんねるのからくりも暴露され出しており、連中の戦術がうまくいくような状況ではもはやないでしょう。
Posted by 日本国憲法擁護連合 at 2009年01月06日 17:30
・・・と公務員が申しております。
ひまですねぇ。
忘年会と新年会ではどんな料理食って
女何人抱いてきましたか?

ハケンが寒空で凍えている時に。
Posted by 仁丹 at 2009年01月06日 18:01
首相になったらなったで、東国原も麻生同様に足が速い(早く腐って墜ちる)。
しかし、議員定数削減は弱少党に痛い!って定説だが、半減は万年与党にもかなり痛い筈。
まだまだ、昔の夢が忘れられないのは、小泉よ『お前もか』。
Posted by 田仁 at 2009年01月06日 18:10
私のブログと同様にネット右翼に憎悪されている『ヘンリー・オーツの独り言』さんのブログに「憲法を知らない、守らない公務員を大量罷免せよ! 2008-12-26 」というエントリーがありますが、まさにヘンリーさんの指摘されるように、憲法を守らない公務員=自民党議員や公安警察官などやタモガミなどを罷免するべきです。

自民党は、自治労や日教組など自分たちに逆らう公務員(憲法を守らない自民党に対する憲法遵守の公務員)の首切りをしたいのが本音であるため、キャンペーンをこらしていますが、自分らの陣地にいる公務員の不祥事は、たとえ人を殺そうが、問題発言をしようが激発しようが、キャンペーンにはいたりませんし、むしろ増員すら想定している始末です。

アメリカでは貧困層の軍隊及び軍需関連派遣会社への徴収が呼びかけられ戦争に借り出されている多くが貧困層だといわれていますので、アメリカ型新自由主義を模範にしてきた昨今の日本も同様の工作がしかけられてくるかもしれません。

タモガミ発言はそのつゆ払いです。

これらの真意は、単純明快なのですが、2ちゃんねるを背景とした右翼や権力の提灯持ちたちの工作は以前として行われていますが、自民党分裂の事態や小泉政治の露呈、麻生内閣支持率の低下の現状をかえることなどできはしません。

もう「騙されない」のです。
Posted by 日本国憲法擁護連合 at 2009年01月07日 11:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

公務員叩きキャンペーンが始まったら要注意だと思っています。
Excerpt: 「公務員のあり方」についての記事を続けます。はなゆーさんが触れているニュースに注目し、警戒したいと思います。 ●低気温のエクスタ...
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2009-01-09 22:44