2009年01月12日

〔アルジャジーラ動画〕イスラエルがガザに「白リン弾」を投下か

国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」は、イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザ地区侵攻で、「非人道性」が指摘されている「白リン弾(白燐弾)」を使用している可能性がきわめて高いと指摘。世界で最も人口密度が高い地域の一つであるガザ地区での白リン弾使用は、国際法に違反する可能性があるとし、イスラエル軍に同弾の使用停止を求めている。

また、ガザの病院の医師は「白リン弾で少なくとも民間人55人がやけどをした」と証言。


Rights group says Israel uses illegal armament - 11 Jan 09

http://jp.youtube.com/watch?v=SMR5D9HfsJE

Human rights groups are calling on Israel to stop using white phosphorus in its war on Gaza.

The use of the deadly chemical in wars is only legal in areas that are not densely populated by civilians.

Al Jazeera's Ayman Mohyeldin reports from the burns unit at Shifa hospital in Gaza.

This package contains images that may disturb or offend some viewers.

posted by はなゆー at 03:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イスラエルはガザに原爆を投下することがないように祈りたい。
Posted by FF at 2009年01月12日 05:45
そんな事をしたら収拾が…。
米国のネオコンは数年前からしばしば汚い爆弾が米国内で見つかりそうなデマを流しているが…。
核拡散や小型核に販路を見出したい彼らは、多分、米国内に切っ掛けを求めようとしてるんじゃないの?
イスラエルの核使用が偏西風に乗った黒い雨でイスラエルを汚染する点を除いても、イスラエルにソコ迄、非人道性を追求させるだろうか?
Posted by 田仁 at 2009年01月12日 18:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック