2009年01月12日

民主・馬淵代議士は「東国原または橋下」自民党総裁誕生を警戒か?

民主党・馬淵澄夫代議士のブログに注目すべき記載が。

☆支持率下落トレンド (まぶちすみおの不易塾日記)

http://mabuti-sumio.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-9b4c.html

そろそろ麻生総理ではない想像もつかないような人材が自民党総裁に就いて解散を打ってくるような、「ものすごく可能性は低いけれどもそれがあった時には逆に民主党が窮地に立つことがあるかもしれない」レベルの危機管理の感覚も持っておくべし。

下がる支持率などのトレンドで、楽観論が大勢を占めてしまわないようにしなければ。


★名指しはしていないが、土俵際の自民党が「火事場の馬鹿力」なエネルギーを発揮して総理・総裁分離に踏み切り「小池百合子首相・東国原英夫(または橋下徹)自民党総裁(美人すぎる藤川ゆり氏の衆院選出馬付き)」などの思い切った人事(徹底的な「B層有権者シフト」)を断行してくる事態を警戒しているものと推測される。


《一方、自民党の山本一太・参院議員のブログには以下の記述が》

2008年12月7日

http://ichita.blog.so-net.ne.jp/2008-12-07-1

議員C:
「国会議員にこだわる必要はないんじゃないですか?来年の9月(任期満了)まで引っ張って、その上で宮崎県の東国原知事とか、大阪府の橋本知事とかを党の総裁に迎える。この2人のどちらかが自民党総裁なら、逆風を跳ね返せるかもしれません!」



藤川ゆりDVD love navi 八戸
posted by はなゆー at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック