2009年01月14日

イタリア政府が退役軍人への「劣化ウラン被害一括補償」を決定

イタリア政府、退役軍人への「劣化ウラン被害一括補償」を閣議決定―補償総額3000万ユーロ(約40億円)

[以下、転送・転載歓迎]


2009年1月14日

皆様

 バルカン半島の旧ユーゴでの紛争にNATOが介入した際[1994-1995年のボスニア=ヘルツェゴヴィナ及び1999年のコソヴォ]、米軍は多量の劣化ウラン弾が使用しましたが、その後、PKO(平和維持部隊)などとして紛争地に派遣されたヨーロッパ諸国の兵士の間から白血病やがんの患者が多く現れ、「バルカン症候群」として大きな問題となりました。

[2001年1月、EU 議会は、「劣化ウラン弾使用のモラトリアム(使用停止)」と求める決議を初めて採択。]

 特にイタリアでは、病気になった退役軍人や遺族が国に補償を求めて裁判に訴えるケースがここ数年相次いでおり、政府も真剣な対応を余儀なくされてきています。昨年末には、ついに国防大臣が「劣化ウラン被害者」の存在を初めて公に認め、ウラン兵器への被曝によって疾病に罹患した兵士に対する「補償」を行うことが閣議決定されました。NATOに属するイタリアでの、このような動きは、ウラン兵器被害者への補償・支援にとって重要であるだけでなく、そのような健康被害を引き起こすウラン兵器そのものの禁止に向けても大きな意義があると言えます。

 1月9日付けで、「ウラン兵器禁止を求める国際連合」(ICBUW)のホームページに掲載された、イタリアからの報告の日本語訳をご紹介します。

ICBUW運営委員:嘉指信雄/振津かつみ/森瀧春子

***

イタリア政府、退役軍人への「劣化ウラン被害一括補償」を閣議決定―補償総額3000万ユーロ(約40億円)

ステファニア・ディヴェルティート(ジャーナリスト/ICBUW 運営委員):イタリア、2009年1月9日

 イタリアでは、昨年12月、国防省が政府に「健康障害と劣化ウラン被曝との関連」を受け入れさせ、補償一括法案が合意された。また今後数ヶ月のうちに、国外派兵された兵士の健康調査が発表される予定である[訳注1]。2008年12月18日の閣議において、イグナツィオ・ラ・ルッサ(Ignazio La Russa)国防大臣は、劣化ウラン被害者に対する3000万ユーロの補償一括法案への承認を勝ち取った。補償金は、今後3年間にわたって支払われる。

 この閣議決定は、病気の退役軍人に対する財政支援を決めたことに加え、ウラン兵器への曝露によって疾病に罹患した兵士がいることを認めたものである。閣議後の記者会見において国防大臣は、「劣化ウランやナノ粒子の被害者である兵士やその家族を支援することは、我々の義務である」と述べた。しかし、この重要な発言は、主要メディアによりほとんど取り上げなかった。この決定は、調査委員会を任命したプロディ前政権が着手した作業の最終段階となるものである。2008年3月に作業を終えた委員会では、退役軍人の疾病の明確な原因として劣化ウランを挙げることはしていなかったものの、劣化ウランが使用された戦闘地域の環境汚染が疾病の原因の一つとなり得るとの判断を示した。

 委員会はまた、立証義務を逆転させるべきであるとの見解を示した[訳注2]。つまり、派兵後に兵士が病気になったり、あるいは兵士の体内に重金属ナノ粒子が検出された場合には、劣化ウランが使用された地域へ派兵されていたとの証明があれば、補償を得るための十分な根拠となると結論づけたのである。このような重要な動きは、亡くなった兵士の家族や、白血病を患って国を相手に訴訟を起こしている兵士にとって、大きな力となっている。そのような補償を求める裁判のひとつが、亡くなったヘリコプター操縦士のステファノ・メローネ氏の妻が闘った訴訟だった。何年にも及ぶ闘いの末、昨年12月、ついに最高裁は、メローネ氏の死亡に対して補償を行うようにとの判決を下した。

しかしながら、この閣議決定にもかかわらず、国外派兵から帰還したイタリア兵の健康評価については、まだ二つの大きな問題が残されている。イタリア軍の各々の管轄区から、疾病に罹患した兵士のデータを収集し照合するために、何百人もの職員が作業を行ってきたが、期限が過ぎてもまだ結果が出ていない。データを記入した用紙が集められたが、しばしば記載が不完全な、これら何千もの用紙から、データをデジタル様式に入力し直すという作業がゆっくりと行われている。この調査の当初の期日は2008年10月だったので、国防省の職員は調査を終わらせるべく全力で作業を行っている。イタリア兵に関する初めての完全なスクリーニングとなるこの調査結果が、数ヶ月のうちには公表されるものと期待される。調査結果は、イタリアの退役軍人の間の健康障害の程度について、より明らかな状況を示すものと期待される。

健康評価の公表が当初の計画より遅れていることに加えて、オッセルヴァトーリオ・ミリターレ(Osservatorio Militare)やAnavafafなどの、退役軍人の団体は、調査データが不完全であることを批判している。調査は、1996年から2006年の間についてしか行われておらず、これでは、イタリア軍がボスニア(1994年)とソマリア(1995年)に派兵された期間が除外されてしまうことになるのである。2007年末に政府が任命したイタリアの科学委員会の作業は、1年も遅れてしまったが、委員会にとって、今年は重要な年になるだろう。委員会には、核エネルギー専門家のマッシモ・ズケッティ)Massimo Zucchetti教授、ナノ粒子研究者の(マリア・アントニエッタ・ガッティ)Maria Antonietta Gatti、疫学者の(ヴァレリオ・ジェンナロ)Valerio Gennaroも参加している。


【訳注1】今回の「一括補償」の対象者となる退役軍人の人数についてディヴェルティートさんに問い合わせたところ、「いまだに政府はその数を公表しておらず、情報の入手は難しい」とのことだが、退役軍人団体「オッセルヴァトーリオ・ミリターレ」は、「166人の帰還兵がすでに死亡し、2537人が疾患に罹っている」と報告している。

【訳注2】これまでは、病気にかかって補償を求めている兵士の側が、「劣化ウラン被曝と疾病との間に因果関係がある」ことを、政府に対して証明しなければならないとされていたが、その立場を逆転させて、「因果関係はない」と政府側が証明できないのであれば、補償をすべきであるとした。

尚、英文記事は下記のICBUWのサイトをご覧下さい。
http://www.bandepleteduranium.org/en/a/222.html

(訳:振津かつみ・嘉指信雄/ICBUW運営委員)

posted by はなゆー at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック