2009年01月30日

「かんぽの宿」を1万円で購入した不動産業者が6000万円で転売

☆不動産業者、6000万円で転売=1万円の「かんぽの宿」−鳥取 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090129-00000210-jij-bus_all

http://www.asyura2.com/08/news7/msg/192.html

2007年3月、旧日本郵政公社から鳥取県岩美町の「かんぽの宿」を土地代を含め1万円で購入した東京の不動産開発会社が、半年後に鳥取市の社会福祉法人に6000万円で転売していたことが29日分かった。


★政治家への「キックバック」があったのかなかったのかが焦点になるかもしれない。

★理不尽な暴利取引であっても、合法的におこなわれればどうしようもないという見本であろう。



一畑胡麻ドレッシング(バラ売り)
posted by はなゆー at 05:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>理不尽な暴利取引であっても、合法的におこなわれればどうしようもないという見本であろう。

そうですかねぇ。
税務面で大問題じゃないですか?
会計の原則、真実性の原則にそむきますよね。
Posted by のも at 2009年01月31日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック