2009年01月30日

週刊文春に拠る「かんぽの宿」関連のキナくさい断片的情報

994 名前:名無しさん@3周年[]
投稿日:2009/01/30(金) 20:17:10 ID:PX4uRdL7

『竹中平蔵・三井住友西川頭取・外資ゴールドマンサックス会長
極秘三者密談』(「週刊文春」2003年3月13日号)


綜合規制改革会議 議長宮内義彦オリックス(外資)会長、
委員の一人に村山利栄ゴールドマン・サックス証券会社マネージ
ング・ディレクター経営管理室長。

西川義文 元三井住友銀行頭取、後にゴールドマンサックスのアド
バイザリーボードも務める。

2005年11月、小泉純一郎首相と竹中平蔵総務相の後押しで鳴り物
入りで西川義文が日本郵政社長に就任。

「首相・竹中サイド」と旧郵政省側との確執もあった。総務省の旧郵政省系幹部らは10月末、別の民間企業経営者を起用する初代社長人事案をまとめ、政府・与党内の根回しに入ったものの、察知した首相官邸側にストップをかけられたとされる。  

竹中氏は総務相就任直後、同省幹部に対し、「そんな話は聞いてい
ない」と白紙撤回させたという。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社が郵便貯金資金の委託運用会社の一つに指名される。

2009年1月 かんぽの宿+社宅がオリックスにただ同然で払い下げられることが露呈して問題になる。

西川社長は白紙撤回を否定。




《おまけ〜関西在住者からの情報》

http://alcyone.seesaa.net/article/113406833.html

関西テレビの「ニュースアンカー」。今日のコメンテーターは政治評論家の森田実さん。

(略)

かんぽの宿、鳩山総務大臣が噛み付いていて、盛り上がっていますが、この件で森田さんのところに内部告発もあり、森田さんはテレビでは名前を挙げませんでしたが、後ろにアメリカ1位のファンドがついているとの事です。さらに、この件で鳩山総務相が評判を上げていて、次の総理候補は鳩山氏で決まりとの説もあるそうです。



posted by はなゆー at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック