2009年02月02日

〔アイスランド〕同性愛者の女性首相が誕生(世界初)

 世界的な金融危機で国家経済が破綻(はたん)し政権が崩壊したアイスランドで1日、議会第2党の社会民主同盟(Social Democratic Party)と左派緑の党(Green Party)による中道左派連立の新政権が発足し、ヨハンナ・シグルザルドッティル(Johanna Sigurdardottir)社会問題相(66)が首相に就任した。同国初の女性首相で、同性愛者であることを公表している近現代の政府指導者としては、世界初となる。

 ゲイル・ハーデ(Geir Haarde)前首相の独立党(Independence Party)と社会民主同盟の連立政権は前月26日、経済問題をめぐる抗議行動の激化を受けて政権崩壊に追い込まれた。

 シグルザルドッティル新首相は社会問題相を長く務め、同国でも有数の実力派政治家。社会的大義の熱心な擁護者として知られており、国民や同僚議員らから「聖ヨハンナ」のニックネームで親しまれ、幅広い支持を得ている。

 前年来の経済危機を受けて、前年9月時点の世論調査で60%だった支持率が同12月には73%まで上昇、全閣僚中最大の支持率を獲得し、社会民主同盟党首のインギビョルク・ギスラドッティル(Ingibjorg Solrun Gisladottir)外相の強い後押しで、首相に選ばれた。

 ただ、ハーデ前首相は辞任直前に5月9日の解散総選挙を宣言しており、与党2党は選挙実施を4月25日に前倒しする方向で一致している。

■客室乗務員出身、同性愛を公表

 大学卒業後、旅客機の客室乗務員として勤務。その後政界に転じ、1978年に国会議員に初当選した。1987-94年まで社会問題相を務め、2007年5月の総選挙後、ハーデ政権で再び同相に就任した。

 02年に54歳の女性作家と「結婚」。同性愛者であることを公表しているが、私生活を公にしたことはなく、次期首相候補として名前が取りざたされるようになってから、同性愛者であることを知ったという国民も多い。



posted by はなゆー at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 同性愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。