2009年02月03日

〔訃報〕松川事件や布川事件の弁護人、中田直人さん78歳

中田直人さん78歳(なかた・なおと=弁護士、元茨城大教授、刑法専攻)。死去。


☆訃報 中田直人さん78歳=松川事件など弁護 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090203-00000103-mai-peo

http://www.asyura2.com/08/news7/msg/210.html

福島県の列車脱線転覆を巡る松川事件や、水戸地裁土浦支部の再審開始決定を東京高裁が支持し、検察側が特別抗告中の布川事件の弁護人を務めた。


☆ウィキペディア「松川事件」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B7%9D%E4%BA%8B%E4%BB%B6

松川事件(まつかわじけん)とは、1949年(昭和24年)に福島県の国鉄東北本線松川駅 - 金谷川駅間で起きた鉄道のレール外しによる意図的な列車往来妨害事件。

下山事件、三鷹事件と並び、第二次世界大戦後の国鉄三大ミステリー事件の1つといわれている。

(略)

捜査当局は、この事件を当時の大量人員整理に反対していた、東芝松川工場労組、国鉄労働組合(国労)と日本共産党の謀議による犯行と断定。犯人と目した労働組合関係者20人(東芝松川工場労組・国労各10人)を次々に逮捕・起訴した。

1950年(昭和25年)12月6日の福島地裁による一審判決では、20人全員が有罪(うち死刑5人)、1953年(昭和28年)12月22日の仙台高裁による二審判決では17人が有罪(うち死刑4人)、3人が無罪となったが、裁判が進むにつれ被告らの無実が明らかになり、作家の広津和郎が中央公論で無罪論を展開。

また宇野浩二・吉川英治・川端康成・志賀直哉・武者小路実篤・松本清張・佐多稲子・壷井栄らの作家・知識人の支援運動が起こり、世論の関心も高まった。

1959年(昭和34年)8月10日、最高裁は二審判決を破棄し、仙台高裁に差し戻した。検察側の隠していた「諏訪メモ」(被告達のアリバイを証明する文書。記録者の名から)が明るみに出て謀議がそもそも成立しなかったことが判明した。

1961年(昭和36年)8月8日、仙台高裁での差し戻し審で被告全員に無罪判決。



【送料無料選択可!】独立プロ名画選集 松川事件 / 邦画
posted by はなゆー at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック