2009年02月04日

〔疑惑の北九州市議選〕期日前投票で投票用紙を持ち帰り偽造?

北九州市議選でニセの投票用紙63枚が見つかった事件。


☆北九州市議選 誰が何の目的で 偽の投票用紙63枚 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090204-00000006-mai-pol

http://www.asyura2.com/09/senkyo58/msg/776.html

「管理投票」と言われる古典的な手口もある。偽造票を投じて投票用紙を持ち帰った後に候補名を記入。買収に応じた人物に渡して投票させ、新たに渡される白紙の用紙を持ち帰る。これを繰り返すというものだ。

(略)

期日前投票で持ち帰り偽造した可能性もある。


 
☆選挙 北九州市議選 偽投票用紙は同質の紙 「63枚、同工程で作製」 組織的に正規用紙持ち出しか (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090203-00000027-maiall-pol

http://www.asyura2.com/09/senkyo58/msg/777.html

色や大きさ、手触りなどから、市選管の担当者は「各区の選管の話を総合的に判断すると、偽用紙は同じ工程で作ったもの、あるいは用意されたものと考えられる」と話した。



生活保護「ヤミの北九州方式」を糾す


ラベル:岩村昌夫
posted by はなゆー at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。