2009年02月04日

夕刊フジ「政府紙幣が現実味?」 

☆バブル崩壊で竹下も検討した…「政府紙幣」現実味? (夕刊フジ)

http://netallica.yahoo.co.jp/news/64958

http://www.asyura2.com/09/senkyo58/msg/791.html

当時、「二重紙幣による混乱はない」(大蔵省関係者)という指摘もあったが、「国民はすぐに日銀券と換え、日銀券の大量増発、中央銀行の信用失墜となるのでは。円が市場のエジキになる可能性も」(エコノミスト)、「急激なインフレを呼ぶ」(同)という意見も。結果的に、竹下・小渕の師弟コンビは「劇薬」を採用しなかった。


★ハイリスク・ハイリターン的な奇策だけに、当たれば良いが、外れるとジンバブエのように悲惨な状況になるかもしれない。



西郷札


posted by はなゆー at 17:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結局、彼等は何がどうなろうが、例え日本経済の信用失墜が秤に架かろうとも、意地で彼等自身の「内部保留」に手を着ける気はない。
彼等自身は痛まない、無から有を生み出す奇術以外には何も考えられない。
貴族とは、そういうモノだ。
彼等では、日本はもう駄目だ。
Posted by 田仁 at 2009年02月04日 19:09
軍票なんて発行したら、の話だが、

吉田茂から「おまえは孫でもなんでもない。一族の恥さらしだ。家系図から削除する」と言われるだろうね。
さらに、歴史教科書で日本史上最もおろかな首相という記載がなされるでしょう。
Posted by ぼっちゃん at 2009年02月06日 00:16
ウヘッ、洒落にならないッス。
だって、ブッシュJr.がソウだったし。
現に、ソマリア沖派遣も、日本籍商船が95艘で2,100艘はパナマやリベリア船籍だからって、積荷が日本のものなら警備の保護対象で、しかも停止命令に応じなければ相手船を攻撃出来る「任務遂行の為の武器使用」を、コレ迄の「正当防衛・緊急避難」を一気に飛び越えて認める話にしてやがるのが吉田茂の孫。
余りにも笑えなさ過ぎますって。
Posted by 田仁 at 2009年02月07日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。