2009年02月05日

〔日テレ動画〕“かんぽの宿”を売却した責任者は竹中平蔵氏

http://www.news24.jp/128479.html

民主党・川内博史議員が「誰がどの場で検討し、どのような経緯をたどってこの法律案に至ったのか」と質問したのに対し、鳩山総務相は「当時の郵政民営化担当相は竹中平蔵氏で、責任者としては、当時の竹中担当相」と述べ、竹中氏が責任者であることを明らかにした。



長崎市ブランド振興会「長崎よかもん」長崎ブランド品認定!長崎心泉堂 幸せの黄色いカステラ...


posted by はなゆー at 21:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほー!ソレはソレは。
米国式新自由主義を推進したとは言え、党外民間人に責任丸投げか!
しかし、政治家としてはトーシローな竹中さんが、1万円→6千万円、1千円→4千5百万円なんて異常な売買契約の『裏書き』を出来る筈がない!けどね…。
イエスマンとして、判を突くだけは出来るだろうけど。
しかも先ず、そんなも異常な契約、一般人が後ろ楯も無く出来ないし、その筋の関与以外に政治家絡みは明らか。
死人が出る度に必ず出張るドコかの秘書官とか、その親分の稲川会御用達政治家とか…。
Posted by 田仁 at 2009年02月05日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。