2009年02月28日

和歌山県が「公共交通空白地帯」に支援

和歌山県は、路線バスが走っていない公共交通空白地帯に新たな交通手段を導入する市町村などを支援する。


☆「住民の足」確保へ 過疎地の交通対策支援 (紀伊民報)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090228-00000001-agara-l30

http://www.asyura2.com/08/news7/msg/254.html

このため、過疎地では運転免許を持たない高齢者や遠距離通学の児童・生徒など移動制約者が増加。車が手放せないことで、高齢運転者の事故の増加も指摘されている。



『空海の風景』を旅する


ラベル:移動制約者
posted by はなゆー at 20:58| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。