2009年03月01日

衆院の解散前後に「渡辺喜美」新党を旗揚げ

自民党を離党した渡辺喜美元行革担当相は「我々は自民でも民主でもない第三極を目指して運動を展開する」と新党結成への意欲を表明。結成時期については「衆院の解散前後」を考えていることを明らかにした。


☆渡辺喜美氏 新党結成時期「衆院の解散前後を想定」 (毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090301-00000010-maiall-pol

http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/501.html

渡辺氏は、「与党も野党もいいかげんにしろという国民の声が強い」と指摘。



《おまけ〜「第三勢力を装った与党別働隊の新党の旗揚げ」を警戒する植草一秀氏のブログより》

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/change-6437.html

これが「偽装CHANGE新党」である。狙いは反自民票を分断することである。民主、社民、国民新党の野党三党に衆議院の過半数を付与させないことが目標になっている。「悪徳ペンタゴン」の指令により、マスメディア(電)は共産党を支援するとともに「共産党と民主党との対立」を促進する。共産党が得票を伸ばすことが、民主・社民・国民新党の得票を減らす効果を発揮するからだ。

(略)

「偽装CHANGE新党」を立ち上げて、「偽装CHANGE新党」が一定の集票能力を確保する時点が解散解禁の時期になる。


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/96--c212.html

「偽装CHANGE新党」の狙いは、民主党を中心とする野党勢力による本格政権樹立を阻止することにある。反自民票が民主党に集中することを防いで、共産党を除く野党単独での衆議院過半数を力づくで阻止することだ。

(略)

総選挙に向けて渡辺新党を創設すると、反自民票が民主党と偽装CHANGE新党に分散する。また、共産党が得票を伸ばせば、共産党以外の野党の議席数は減少する。



http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-6740.html

次期総選挙で自民党と民主党がいずれも過半数を獲得しない場合、「偽装CHANGE」新党がキャスティングボートを握る可能性が生まれる。この可能性を念頭に置いていると考えられる。民主党を中心とする野党が過半数を確保する場合も、野党勢力と連立して政権の一端に食い込むことも計算されている。

(略)

狙いは次期総選挙で地すべり現象が予想される「反麻生票」を民主党を中心とする野党にではなく、「偽装CHANGE新党」に振り向けさせることにある。

posted by はなゆー at 17:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック