2009年03月04日

〔民主党危機〕東京地検の“勇み足”を暗示する証言

☆西松の資金提供、小沢氏側が突出…5年で4200万円 (読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090304-00000025-yom-soci

http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/607.html

小沢代表側への献金について、同社元幹部は「献金すれば仕事が取れたわけではないが、小沢氏の地盤の東北地方で仕事がしにくくなると困るので、献金を続けていた」と証言している。


★そもそも野党議員の職務権限は、与党議員に比べるとないに等しいわけであり、この証言内容だと収賄にもっていくのはかなり難しい。ここまでは東京地検に不利な展開だと思う。



検察を支配する「悪魔」


posted by はなゆー at 12:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック