2009年03月05日

政府高官「献金捜査が自民党議員に波及する可能性はない」

☆献金捜査、自民に波及せずと高官 異例の言及 (共同通信)

http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030501000792.html

http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/694.html

政府高官は5日、西松建設の巨額献金事件の捜査について「自民党議員に波及する可能性はないと思う」との認識を示した。政府高官が政治家の絡む事件で捜査の見通しに言及するのは異例。



実録「国策捜査」


posted by はなゆー at 20:58| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
異例なのは、自民党の劣化が著しい為。
何故「自民党議員に波及する可能性はない」のかは、右近謙一元長野県知事秘書が先に死んでるから。
しかし、率直な感想として、49日も済まない内に、ヨクもこんな事が言えるな!と。
日本の慣習では、故人はまだアノ世に行っておらず、自宅の軒下に居る話になってる。
まあ、タカが秘書1人位、自民党の感覚では大した事無いのか知れないが。
確かに、耐震偽装隠蔽で死んだ建築士の数とか、グレーゾーン金利に苦しんで自殺した人とか、小泉構造改革で11年連続の3万人超自殺者とか、比べモノにならないか知れないが。
自民党の背後の膨大な死者の列が垣間見えて仕舞うじゃないか…。
Posted by 田仁 at 2009年03月06日 13:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック