この記事へのコメント
カマヤン先生の正論に対し、アフィがCIAの手下とモサドの子分の共著って、中々どうしてブラック・ユーモアでつ。
Posted by 田仁 at 2009年03月08日 16:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック