2009年03月08日

小沢一郎氏が「被選挙権を失い」国会から追放される可能性

☆小沢氏、監督責任も 起訴なら失職の可能性 政治資金規正法 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090308-00000051-san-soci

http://www.asyura2.com/09/senkyo59/msg/877.html

起訴されて規正法違反罪で罰金刑になると、裁判官の判断によっては公民権が停止され、被選挙権を失う。国会法の109条は、現職の衆院議員が衆院議員選挙の被選挙権を失った場合、自動的に失職すると規定している。


★小沢一郎氏の関与の有無を棚上げしたまま、会計責任者=秘書の監督責任で起訴に持ち込み、国会から追放する方針であろう。



昭和史発掘(5)新装版


posted by はなゆー at 10:36| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これで岩手4区は例の対抗馬(小沢の元秘書)が当選でもしたら世も末ですね。
Posted by nosoul at 2009年03月08日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック