2009年03月09日

「警察に捕まれば食事できる」失業派遣社員が万引し自首 

☆「捕まれば食事できる」 元派遣社員、万引し自首 福岡県警久留米署、窃盗容疑で逮捕 (西日本新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000021-nnp-l40

http://www.asyura2.com/08/social6/msg/548.html

同署によると、男は「仕事が見つからず、警察に捕まれば食事ができると思った」と話しているという。

(略)

所持金は41円だった。


★日本におけるセーフティネット=刑務所。



たっぷり五穀茶漬 ふぐ味 13g


posted by はなゆー at 18:38| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本の治安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
犯した罪は、罪だが
責任は政府企業にあり
刑務所イツパイになったらどうするつもりだろうか
Posted by 介護員 at 2009年03月09日 19:47
>介護員さん
アメリカはとっくの昔に、そーですがな。
プロファィリング等で、不審死遺体を解剖すると、ある時期だけ歯の治療が行き届いている。
ソレは身なりから、恵まれない境遇ようなので、軍隊か刑務所に入ったんだろうと。
だから身元はドチラかの記録で割れるなー!とか、当たり前の台詞で。
で!その結果は、刑務所民営化でしたね…、つまりコレからは、刑務所でも歯の治療がお座なりになるか知れない訳です。
低コスト化でね。
軍隊の医療水準が何時迄保つやら、判りませんが。
以上、日本の先行事例の話でした。
Posted by 田仁 at 2009年03月09日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック