2009年03月16日

下半身不随の人が「毒蜘蛛」に噛まれたら歩けるようになった

☆20年間車イス生活をしていた男性が毒グモにかまれて歩けるようになる (GIGAZINE)

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090316_paraplegic_leg_cure_spider_bite/

ある日デービッドさんは毒グモにかまれたために病院へ運び込まれ、その時に看護士がデービッドさんの足にけいれんが起きていることに気が付いたため検査を行ってみると、デービッドさんの足の神経が回復していることが分かったそうです。デービッドさんもクモにかまれたとき、マヒした足に痛みなどを感じたとのこと。


★毒蜘蛛や毒魚を研究することが医学の進歩に役立つかもしれないということだろう。



【P10倍 3/17 9:59迄】日田天領水 ペットボトル 2L*10本


posted by はなゆー at 22:10| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
生物由来の毒物の医学的応用は既に実例があります。
ボツリヌス菌から抽出した毒を薄めて注射しシワ取り等に用いるボトックス注射は美容整形で広く行われるようになっています。
Posted by ゴンベイ at 2009年03月16日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック