2009年03月18日

〔アーカイブ〕戦争はいやだ(ひっそり雑感ブログ)

※このブログ(=ひっそり雑感ブログ)は既に閉鎖されている。ブログ運営者のその後の消息も不明。


戦争はいやだ(ひっそり雑感ブログ)
http://www.asyura2.com/0510/senkyo17/msg/1131.html
投稿者 片瀬テルミドール夏希 日時 2005 年 12 月 26 日 06:10:24


 私は意気地のない、とても軟弱な人間です。この国が徐々に戦争のできる国になろうとしている今、私はなすすべもなく立ち尽くしているだけです。今後反戦派に対する熾烈な弾圧が予想されますが、私自身はとてもそれに太刀打ちできないだろうと思います。命を懸けて戦争を阻止するという決意まではありません。もちろん戦争はいやだし、私もまだ死にたくありません。また人を殺したくもありません。肉親が戦火のなかで失くすようなことをしたくありません。でも、自分が今後特高警察が行ったような拷問に耐えられるかというと、「拷問するぞ」と恫喝されただけで、あることないこと喋ってしまいそうな気がします。「それでもお前は戦争に反対できるか」、そう問われると「最後まで闘う」とはいいきれません。そんなのっぴきならない状況になった時、多分わたしは何もできないでしょう。だから逆にまだ物が言える今のうちに「戦争はいやだ」と主張します。ブログというきわめて閉ざされた空間ではあるけれど、私たちはまだ反戦平和を訴える場所があります。それはおじさんの単なる「ぼやき」や「つぶやき」かもしれませんが、「ぼやき」や「つぶやき」でも時には言わざるを得ない時があります。

投稿者:くらむし



戦争広告代理店


posted by はなゆー at 09:09| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 史料倉庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本人はコレだから。
太刀打ちって、遣る前から負けた様な事を言うな。
先ず第一に全体的な見通しをつけれ。
つまり現状からは、平和呆けた阿呆の糞自民党と官僚天下り組が考える遣らずブッたくりの血税泥棒は、又しても朝鮮半島での戦争であるとベクトルが指し示してる。
こゆ事には、関西って敏感なんだよ。
真っ先に下地作りの対象として、闘おうが闘うまいが、必ず酷い目に遭う。
逃げても無駄なんだよ。
昔の被差別部落も、秀吉の朝鮮大討ち込みが原因で、朝鮮半島との繋がりを断ち切る目的で創り出されたから、関西に多い。
千年二千年前の旧入植者が多い所為より、朝鮮半島への補給線との理由の方が切実だ。
抵抗か死かじゃ、四の五の言う余裕すらねーよ。
今又、港湾や航空や郵便関係者はソレを感じて「権力者から見た『先鋭化』」が始まってるんだよ〜だ。
ま、そゆ事。
端から逃げじゃ勝てるモンも勝てないが、逃げても無駄な奴は立ち向かってて、大局的な見地からは中国と印度の台頭に対する抵抗勢力は必ず負ける。
だからね、時間的に持ち堪えれば我々の勝ちさ。
ブッシュの阿呆に時間勝ちした様に、な。
Posted by 田仁 at 2009年03月18日 13:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック