2009年03月25日

〔小沢ショック〕心理戦・情報戦で完敗した「民主党」の落日

戸倉多香子候補(民主党)

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%CD%C1%D2%C2%BF%B9%E1%BB%D2

のブログより。


☆小沢党首側も民主党も、反論が足りないのではないか。 (とくらBlog)

http://ttokura.exblog.jp/9901539/

http://www.asyura2.com/09/senkyo60/msg/700.html


民主党を支持してくださる“身内”が、情報戦にやられています。民主党支持者の方には、かつて、自民党の“政治とお金”の問題を追及してきた方も多くおられ、小沢さんがその象徴のような存在だと思っておられる方も多いのでしょう。そういう方の気持ちに火をつけてしまう情報戦が、本当に巧みに進められました。そういう方々は、民主党は支持してくださるのです。でも、党首は変わったほうがいいと・・・。

とっても残念です。くやしいです。それでは、相手の思う壺なのに・・・。


民主党は、どこかの誰か

http://www3.s-abe.or.jp/

を見習って、もっと、もっと、もっと、テレビで流される怪しげな情報のひとつひとつに反論しなければなりません。その反論をテレビが取り上げてくれなくても、ネットで発信し、チラシで発信し、街頭で発信し、を続ければ、わかってくださる方は、確実に増えます。今、テレビで流されている情報に疑問を持たれる方は、確実に増えます。そうだったの?と言ってくださる方は、確実に増えます。

それなのに、それができていないのではないか、とあせる毎日なのですが、そういう私自身も、時間に追われる毎日。誰か、そんな情報をまとめてほしい!



★戸倉多香子氏の言っていることは正しいのだが「誰か、そんな情報をまとめてほしい」と言われても、政党レベルにおいていっこうに対応しようとしない民主党の広報戦略・プロパガンダ戦略のダメぶり、官僚的な硬直した作戦、前例踏襲主義が明らかになるばかりなのであった…。

★民主党が広報戦・プロパガンダ戦に対応できる体勢構築や人材の補強を怠ってきたツケ。そして非常時のイメージコントロールやメディア対策に役立つタレント首長や美人議員の育成や補強を怠ってきたツケが回ってきているわけで、まあしょうがないかなあというのが率直な感想。有権者(特にB層有権者)は政治に対してパンだけではなくサーカスをも要求している現実を直視することも必要。



野球狂の詩(水原勇気編 1)新装版
posted by はなゆー at 04:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 床屋政談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも、はなゆーさん、貴方ほどの人が「パンとサーカス」の言外の意味を知らない筈はないでしょう?
ローマの滅亡と言う、どんな大国も内部腐敗から滅びる…。
Posted by 田仁 at 2009年03月25日 16:41
昨日の東京地検特捜部の記者会見で地検から出された
もの??

これをもとに起訴状を作るのかな???

これで、逮捕し、21日間も拘留し、大久保秘書を有罪に出来ると考えているのだろうか、大久保秘書は政治団体から入金した献金を、そのまま政治団体名を書いただけじゃないのか

東京地検特捜部の説明は支離滅裂だ:小沢一郎氏秘書起訴〜3月24日夜の毎日新聞、産経新聞ウェブ版から

<国沢幹雄、大久保隆規両被告の起訴事実の要旨>である。

 <1 国沢被告は、他と共謀の上、西松建設において、国会議員の資金管理団体である陸山会、民主党岩手県第4区総支部(以下「4区支部」)および民主党岩手県総支部連合会(以下「県連」)に対し、新政治問題研究会(以下「新政研」)および未来産業研究会(以下「未来研」)の名義で政治活動に関する寄付を行うことを企て、平成18年10月ごろ、(1)陸山会に新政研名義で100万円、(2)4区支部に新政研名義で100万円、未来研名義で100万円、(3)県連に新政研名義で100万円、未来研名義で100万円を各振込送金した((1)第三者名義の寄付・禁止企業献金、(2)、(3)第三者名義の寄付)。
 2 大久保被告は、陸山会の会計責任者であるとともに、4区支部の政治活動に関する寄付の受け入れ等に関する事務に従事していたものであるが
 (1)18年10月ごろ、西松建設から、(1)陸山会に新政研名義で100万円、(2)4区支部に新政研名義で100万円、未来研名義で100万円の各振込送金を受けた((1)第三者名義の寄付・禁止企業献金の受領、(2)第三者名義の寄付の受領)。
 (2)(1)真実は、陸山会が15年から18年にわたって西松建設から政治活動に関する寄付合計2100万円を受けたのに、15年分から18年分の陸山会の収支報告書に新政研および未来研から同額の寄付を受けた旨虚偽記入した。
 (2)真実は、4区支部が15年から18年にわたって西松建設から政治活動に関する寄付合計1400万円を受けたのに、15年分から18年分の4区支部の収支報告書に新政研および未来研から同額の寄付を受けた旨虚偽記入した。>

 以上である。

http://hakusanjin.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/324-251e.html

以下、元検事の郷原氏の3月6日のインタビュー動画 
http://www.videonews.com/interviews/001999/000869.php
かなり特捜に気を使った話し方をしてはいますが
Posted by 東京の西 at 2009年03月25日 16:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック