2009年03月29日

警察庁有識者会議が有害サイトの「ブロッキング(遮断)」を提言 

☆児童ポルノ 有害サイト管理団体設置を 警察庁有識者会議 (毎日新聞)

http://news.livedoor.com/article/detail/4084089/

http://www.asyura2.com/09/senkyo60/msg/932.html

インターネット上の児童ポルノ防止対策を検討する警察庁の有識者会議「総合セキュリティ対策会議」は違法・有害サイトのリストを作成して管理する団体の設置を求める報告書をまとめた。全利用者が閲覧できなくなる「ブロッキング」という仕組みの導入を前提にしており、実現すれば日本初の対策となる。


★「違法ではないが有害なサイト」の基準を明確にしないまま「ブロッキング」を導入した場合、遅かれ早かれ「反米嫌日戦線」

http://anarchist.seesaa.net/

と「憂き世の日々に埋もれて、たまには温泉へ」

http://onsen-kabumasa.cocolog-nifty.com/okirakunikki/

は「違法ではないが有害なサイト」ということでブロッキングされて、誰も閲覧できなくなるような予感がする。



古谷一行/真珠郎


posted by はなゆー at 10:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悪の秘密結社『日本会議』の刺客であるウルマーが、有害としたいサイトはとても多いと思います。
恐らく、共産党や赤旗はおろか、民主党のも有害指定したいでしょうね!
理由は何とでも!
生まれたばかりの孫のヌード写真を持っていたとか、児童ポルノ法過激運用の試金石にして見るとかね…
Posted by 田仁 at 2009年03月29日 19:26
まさに「検閲」であり、明らかな憲法違反です。
護憲派の人はなぜ沈黙しているのでしょうか?
Posted by kuroneko at 2009年04月03日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。