2009年03月30日

「政治家に献金をして、それは見返りを期待した献金だと流布すれば」

逢坂誠二代議士(民主党)のメールマガジン・平成21年3月30日号より。

http://www.mag2.com/m/0000258665.html


ある種の団体が、何らかの見返りを期待して献金を行ったと主張する。

しかし、受け取った側が、そんなことは承知していないし、現にその見返りに応ずるようなことはしていないと主張する。

この場合、受け取った側が、贈収賄などがないことを説明するのは簡単ではありません。


================


以前にも書きましたが、政治家を陥れるのは簡単なのです。

献金をして、実はそれは見返りを期待した献金だと流布すればよいのです。

さらに、正当な手続きで落札した工事であっても、「実はあれは、その献金をした政治家に口を利いてもらった結果だ」と、流布すれば、十分に混乱します。

その真偽を見極めるのには時間を要しますし、政治家の側から、事実無根の証明をするのは、簡単ではありません。

その間に、さまざまな憶測が飛び交い、その政治家のイメージダウンは避けられません。

これで充分、その政治家を貶めることは可能なのです。

このように政治家は常に危うい立場にいるのだと思っています。



★この種の謀略に対抗するのは至難であることも確かであろうが、政党レベルでなんらかの対抗策を発見する努力は必要であろう。



町長室日記


ラベル:逢坂誠二
posted by はなゆー at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。