2009年04月29日

人工のインフルエンザウィルスを豚の体内で発見(2005年)

「どこかの研究所から流出した可能性がもっとも高いが」

「可能性こそ低いものの、バイオテロというさらに恐ろしい原因も考えられる。」


☆「ブタから人工インフルエンザ・ウイルス発見」の謎 (2005年3月10日の「WIRED NEWS」)

http://wiredvision.jp/archives/200503/2005031002.html

米国のあるインフルエンザ研究者によると、今回見つかった遺伝子は人間にとって危険な状況を表しているかもしれないという。



DREAM PRICE 1500 / ヤング・ポップス'70sベスト・ヒット 女性ボーカル編


posted by はなゆー at 20:43| Comment(1) | TrackBack(0) | キャスターメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仮に、今回のバイオ・ハザードがSwin Fluとα virus二本立てとするなら、説のネックは国際機関の分析結果です?
前者のサンプルだけで、後者は検出されないシュチュエーションて、あり得ます?
Posted by 田仁 at 2009年04月30日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック