2009年05月03日

〔詳報〕浅沼委員長暗殺の瞬間を撮影した長尾靖氏が死去

1960年10月、日本社会党の浅沼稲次郎委員長

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E6%B2%BC%E7%A8%B2%E6%AC%A1%E9%83%8E

が東京・日比谷公会堂で演説中に右翼少年に刺殺された瞬間を撮影し、報道分野で著名な米ピュリツァー賞を日本人で初めて受賞した元毎日新聞写真記者長尾靖(ながお・やすし)氏が死去。78歳。



☆浅沼氏刺殺写真の長尾靖氏死去=日本人初、ピュリツァー賞受賞 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090503-00000004-jij-soci

http://www.asyura2.com/09/news8/msg/134.html

長尾氏は千葉大工学部を卒業後、53年4月に毎日新聞社に写真記者として入社。61年のピュリツァー賞を受賞後、62年1月に退社した。 



☆初のピュリツァー賞受賞者死亡 (産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000594-san-soci

http://www.asyura2.com/09/news8/msg/135.html

長尾さんは、千葉大工学部卒業後、昭和28年に毎日新聞に入社。35年10月には、浅沼委員長が東京・日比谷の日比谷公会堂で演説中に右翼団体のメンバーに刺された瞬間を撮影し、ピュリツァー賞を受賞した。37年に退社後はフリーカメラマンとして活躍した。



〔ヤフーニュースのコメント欄より〕

「あの写真はすごい。眼鏡がずり落ちて苦悶の表情。もう一撃を加えようとしている学生(といっても子供!)。おそらく壇上にガキが駆け上った瞬間に次に起こることがわかったのだろう。一般人なら動けないだろうが、プロは違うのだろうね。」



《備考》

☆ウィキペディア「山口二矢」の項→

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E4%BA%8C%E7%9F%A2

ただし沢木耕太郎の『テロルの決算』によれば、山口はテロの標的として浅沼委員長のほか河野一郎や野坂参三など政治家もリストに加えており、なかには「大東亜戦争」批判を行ったとして三笠宮崇仁親王まで狙っていたという。



テロルの決算新装版
posted by はなゆー at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック