2009年05月19日

インドネシアがインフルエンザワクチン用検体の提出を拒否

☆インフルエンザワクチン用検体の提出を途上国は拒否 (山本敏晴医学博士のブログ)

http://blog.livedoor.jp/toshiharuyamamoto128/archives/65254930.html

要するに、鳥インフルエンザが蔓延しているのは、インドネシア、ベトナム、エジプト、などの途上国なのだが、そうした国にはワクチンを製造する技術も、またできあがったワクチンを買うお金もなく、よって、WHOにウィルスの検体をわたしても先進国のためにワクチンが作られるだけで自分たち(途上国の人たち)のためには、なんの得にもならない、という状況が起こっているのだ。



アメリカの黒人演説集
posted by はなゆー at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック