2009年06月05日

麻生首相出演の政府広報(テレビCM)に2億8783万円支出

政府は、麻生太郎首相が登場した新型インフルエンザ=豚インフルエンザ対策のテレビCM費用は2億8783万円だとする答弁書を決定した。


☆首相インフルCMに2億8000万円 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090605-00000064-jij-pol

http://www.asyura2.com/09/senkyo64/msg/707.html

CMは、首相が「政府や自治体が発表する情報に注意し、冷静な対応をお願いします」と呼び掛ける内容。先月19日から今月1日まで全国で放送された。



《関連記事》

☆新型インフル大騒ぎは、自民党の選挙対策か!(日刊ゲンダイ。2009年5月20日掲載)

http://netallica.yahoo.co.jp/news/78944

http://www.asyura2.com/09/senkyo63/msg/802.html


「政府からのお知らせです」

仏頂面の麻生首相がこう呼びかける新型インフルエンザ対策のCMが、19日から流れ始めた。首相が登場する政府広報スポットCMは、愛知万博を宣伝した小泉以来というレアケース。それも解散・総選挙直前のこの時期だ。政府広報というより、まるで自民党の選挙運動である。

内閣府は、「麻生首相自身、新型インフルエンザ対策本部長を務めており、国民に直接メッセージを発する必要があると考えた」と説明するが、会見で十分だろう。一日中流す必要があるのか。費用は政府広報の年間予算(3億円程度)の範囲内でまかなうというが、税金で選挙運動は許されない。不況で民間企業のCM出稿が減っている民放テレビ局にとって、正規料金でCMを出してくれる政府はオイシイ客だ。首相自らのCM出演は、選挙目当てのマスコミ懐柔策じゃないのか、とすら疑いたくなる。




《備考》

☆「究極の選挙違反」=政府広報で告発準備−民主 (2007年7月19日の時事通信)

http://www.asyura2.com/07/senkyo38/msg/754.html

民主党の鳩山由紀夫幹事長は19日、同日の朝刊各紙に折り込まれた政府広報に年金記録漏れ問題と定率減税全廃に関する与党の主張がそのまま記載されているとして、安倍内閣を公職選挙法違反で告発する準備に入ったとの談話を発表した。

談話はまた「参院選の最大争点となっている事項について、選挙期間中にこのようなことが許されるならば公選法は有名無実になる。これは究極の選挙違反であり、『政府』の名を借りた選挙運動への税金の流用だ」と批判した。

posted by はなゆー at 19:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せこい〜

政党助成金の他に莫大な政治献金、特に経団連からのご褒美があるでしょ

自前でやれっつうの

ていうか、選挙前にとってつけたようなことやっても逆効果
Posted by monami at 2009年06月06日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック