2009年06月08日

北朝鮮の実権は外戚「張成沢」氏が掌握したように思う

☆金総書記の妹、約14年ぶり公式報道=「党中央委部長」の肩書き−北朝鮮 (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090608-00000025-jij-int

http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/264.html

朝鮮中央通信は8日、北朝鮮の金正日労働党総書記による平壌の音楽大でのロシア歌劇の指導に、実妹で党中央委員会の金敬姫部長と夫の張成沢氏

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E6%88%90%E6%B2%A2

が同行したと報じた。ラヂオプレス(RP)によると、敬姫氏が「党中央委部長」の肩書きで公式報道に登場したのは1995年10月以来、13年8カ月ぶり。



《備考》

☆正男氏の側近相次いで連行=金総書記の後継者争い激化か−反北市民団体 (6月5日の時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090604-00000216-jij-int

http://www.asyura2.com/09/kokusai4/msg/271.html

RENKによれば、正男氏は4月4日、マカオから北京の家族に対し、平壌で同3日夜に「わたしの同級生が連行された」と連絡。同7日には国外の腹心に「最近、周辺の人間が国家安全保衛部に連行されている。尋常な事態ではなく、(しばらく)平壌に戻らない」と訴えた。 



☆北朝鮮の3代世襲、血の粛清始まるか (6月5日の韓国紙「東亜日報」)

http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=050000&biid=2009060571528

http://www.asyura2.com/09/asia13/msg/258.html

注目する点は、当時、安全部を使って深化調事件を総指揮した人物が、まさに金総書記の義弟・張成沢(チャン・ソンテク)労働党行政部長だったということだ。今、張部長は、保衛部を再び掌握する動きを見せている。




☆北朝鮮で「張成沢ライン」が権力の前面に浮上 (2月15日のYONHAP NEWS)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090215-00000002-yonh-kr

http://www.asyura2.com/09/lunchbreak21/msg/557.html

昨年8月に金正日(キム・ジョンイル)総書記の健康悪化説が流れ始めた後、金総書記に代わり北朝鮮の国政を任されてきた張成沢(チャン・ソンテク)朝鮮労働党中央委員会行政部長の側近が、権力の前面に急浮上している。

(略)

複数の対北朝鮮消息筋が、両者とも張成沢ラインの人物だとし、「今回の人事の核心は、軍部要職に張部長側の人物を植え付けた点」と強調している。



藤原摂関家の誕生
posted by はなゆー at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック