2009年06月13日

〔豚インフルエンザ〕日本で半年以内の大規模感染が不可避

世界保健機関(WHO)で感染症対策を担当した押谷仁東北大教授は「日本で半年以内に新型インフルエンザの大規模な感染拡大が必ず起きる。地域によっては、早ければ数週間以内にも起きる」と警告した。


☆日本で半年以内の大規模感染確実 押谷東北大教授が警告 (共同通信)

http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009061301000522.html

http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/174.html

国内の現状について押谷教授は「患者間の疫学的なつながりがなく感染源が特定されないケースが出ており、明らかに感染拡大が続いている。隔離や自宅待機を恐れて名乗り出ていない人もいるとみられ、感染源が特定されず地域社会に広がっている」と指摘。


★日給制や時給制で働いている非正規雇用者は、隔離や自宅待機となると直ちに収入が途絶えるので「名乗り出たくても名乗れない」事情があると思う。



貧困ビジネス
 
posted by はなゆー at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック